ひよこのるるの自由研究

日本語で読める世界の文学作品と、外国語に翻訳されている日本語の文学作品を、対訳で引用しています。日本語訳が複数あるものは、読みやすさ重視で比較しておすすめを紹介しています。世界中の言語で書かれたもの・訳されたもののコレクションを目指しています。

世界文学全集のためのメモ 23 『浮世風呂』 式亭三馬

日本語編 8

式亭三馬
1776-1822

『浮世風呂』
1809-1813

原文
『新 日本古典文学大系 86 浮世風呂 戯場粋言幕の外 大千世界楽屋探』(岩波書店、1989年)

中国語訳
式亭三马《浮世澡堂》(周作人译,北京:中国对外翻译出版公司,2000)

前編 浮世風呂大意

 つら/\かんがみるに銭湯せんたうほど捷径ちかみち教諭をしへなるはなし。そのゆゑ如何いかんとなれば、賢愚けんぐ邪正じやしやう貧福ひんふく高貴かうきあびんとて裸形はだかになるは、天地てんち自然しぜん道理どうり釈迦しやか孔子かうし於三おさん権助ごんすけも、うまれたまゝのすがたにて、をしほしいも西にしうみ、さらりと無欲むよくかたちなり。欲垢よくあか梵悩ぼんなうあらひきよめて浄湯をかゆあびれば、旦那だんなさまも折助をりすけどれどれやら一般おなじ裸体はだかみこれすなはうまれたとき産湯うぶゆからしんとき葬灌ゆかんにて、ゆふべ紅顔こうがん酔客なまゑひ朝湯あさゆ醒的しらふとなるがごとく、生死しやうじ一重ひとへ嗚呼あゝまゝならぬかな。されば仏嫌ほとけぎらひ老人としより風呂ふろればわれしらず念仏ねんぶつをまうし、色好いろごのみ壮夫わかいものはだかになればまへをおさえておのれからはぢり、たけ武士ものゝふあたまからをかけられても、人込ひとごみじやと堪忍かんにんをまもり、えぬ鬼神おにかみ隻腕かたうでゑりたる俠客ちうつぱらも、御免ごめんなさいと石榴ざくろぐちかゞむは銭湯せんたうとくならずや。こゝろあるひとわたくしあれども心なき湯にわたくしなし。たとへばひとひそかに湯のなかにて撒屁おならをすれば、はぶく/\となりて、たちまあはうかいだす。かつてきくやぶの中の二郎じらうはしらず、の中の人として、湯のおもはくをもはぢざらめや。すべ銭湯せんたう五常ごじやうみちあり。もつあたゝあかおとやまひ草臥くたびれやすむるたぐひすなはちじんなり。おけのおあきはござりませぬかとひとおけをかけず、とめ桶を我儘わがまゝにつかはず、またいそいあけすたぐひすなは也。田舎いなかものでござい、冷物ひえものでござい、御免ごめんなさいといひ、あるひはおはやい、おさきへとべ、あるひはおしづかに、おゆるりなどいふたぐひすなはちれいなり。ぬか洗粉あらひこ軽石かるいし糸瓜へちまのかはにてあかおとし、石子いしころるたぐひすなは也。あついといへばみづをうめ、ぬるいといへばをうめる、おたがひ背後せなかをながしあふたぐひすなはちしん也。かゝるめでたき銭湯せんたうなれば、こゝよくするひと/゛\も、水舟みづぶねます陸湯をかゆおけ方円はうゑんうつはしたが道理どうりさとりて、湯屋ゆやながいたのごとく、おのこゝろつねみがきてもろ/\あかをたけな。人間にんげん一生いつしやう五十年、二度にどいり御方おんかたあるとも一人いちにんまへ分別ぶんべつあるは湯屋ゆや張札はりふだごとく、一心いつしんらぬ万能まんのうかうあり。馬鹿ばかつけくすりはあらずも、走馬はしりうま千里せんりかう鞭打むちうつてれるまじはり無二むにかうあり。口中こうちゆうさんひるがへせば忠孝ちうかう一切いつさい妙薬みやうやく二親ふたおや安神あんしんさん兎角とかく梵悩ぼんなう用心ようじん湯屋ゆや定書さだめがきたり。こころ驕奢おごりかぜたて家私しんだい何時なんどきにてもはや仕舞じまひ也。五倫ごりん五体ごたい天地てんちより預物あずかりものなれば、大切たいせつしな持参ぢさんものなるを、いろさけとにたましひ失物うせもの不存ぞんぜずわれからまねわざわひは、他人たにん一切いつさいぞんじ不申まうさぬことならずや。名聞みやうもん利欲りよく喧嘩けんか口論こうろん喜怒きど哀楽あいらく高声たかごゑ無用むようこの文言もんごんをまもらぬときは、仕舞しまひいりそこなひ、モウぬきましたといはれて、後悔こうくわい手巾てぬぐいかむともえきなし。なべてなか人心ひとごゝろ銭湯せんたうしらみひとしく、善悪ぜんあくうつやすものなれば、ごん兵衛べゑ褄褸さしこからはち兵衛べゑ羽二重はぶたへうつり、田婢やまだしをんな湯具ゆもじから令室ごしんぞさま絹布おはれへもうつる。きのふの襦袢じゆばん一枚いちまいたゝみうえぬぎしも、けふの重着かさねぎたなうへぬぐひとしく、高貴かうき貧福ひんふくてんにあり。善悪ぜんあく邪正じやしやうおのれまねところ也。この意味いみをとくとさとらば、ひと異見いけん朝湯あさゆごとく、おのしみわたるべし。たゞ一生いつしやう用心ようじんは、借切かりきり戸棚とだなおさめ、たましひぢやうをおろして、六情ろくじやうはきちがへぬやうにかたあひまもり可申まうすべきことと、しんじゆぶつ組合くみあひ行事ぎやうじ牡丹ぼたもちほどのはんすゑてしかいふ。

これとき文化ぶんくわ六年はる発市うりいだしにせばやと、たつ重九ちようきうふでおこしてれい急案きうあんのち観月つきみいもくつて、のごとき小冊せうさつ

石町の寓居に於いて

式亭三馬戯題

弘万斎管巻大酔書

(pp. 5-7)

  窃惟教诲之捷径,盖无过于钱汤者。其何故也?贤愚邪正,贫富贵贱,将要洗澡,悉成裸形,协于天地自然的道理,无论释迦孔子,阿三权助,现出诞生时的姿态,一切爱惜欲求,都霎地一下抛到西海里去,全是无欲的形状。洗清欲垢和烦恼,浇过净汤,老爷与小的都是分不出谁来的裸体,是以从生时的产汤至死时的浴汤是一致的,晚间红颜的醉客在洗早澡时也像是醒人。生死只隔一重,呜呼,人生良不如意哉。可是,不信佛的老人在进澡堂的时候也不知不觉的念佛,好色的壮汉脱了衣服,也按住前面,自知羞耻,狞猛的武士从头上被淋了热汤,也说这是在人堆里,忍住性子,一只臂膊上雕着眼睛看不见的鬼神的侠客,也说对不住,在石榴口低下头去,这岂不是钱汤之德么?有心的人虽然有私,无心的汤则无有私。譬如有人在汤中放屁,汤则勃勃地响,忽然泛出泡来。尝闻之,树林中的矢二郎那或者难说,凡为澡汤中的人,对于汤的意见可以不知惭愧么?凡钱汤有五常之道焉。以汤温身,去垢治病,恢复疲劳,此即仁也。没有空着的桶么,不去拿别人的水桶,也不随便使用留桶,又或急急出空了借与,此则义也。是乡下佬,是冷身子,说对不住。或云你早呀,让人先去,或云请安静,请慢慢的,此则礼也。用了米糠、洗粉、浮石、丝瓜络去垢,用石子断毛之类,此则智也。说热了加水,说凉了加热汤,互相擦洗脊背,此则信也。在如此可贵的钱汤里,凡是洗着澡的人,因了水船的升,净汤的桶,而悟得随器方圆的道理,又如澡堂的地板那样,自己的心也常要磨擦,不使长诸尘垢。人生一世五十年,即使有两回洗澡的人,也如澡堂的招贴所说,各人该有分别。又如贴着的那样,有一心不足的万能膏,虽然没有给傻子擦的好药,但是有走马的千里膏,给予鞭打的交情的无二膏。如将口中散翻转过来,便是忠孝的妙药,使得两亲的安神散,对于烦恼小心火烛,有似澡堂所定的规则。心里如发起骄奢的风,家私就无论何时都要早收摊了。五伦五体乃是天地所寄存,凡是携带贵重物品各位,因了酒色而神魂失落,与本店无涉,从自己招来的祸祟,别人一切都不能管。名声利欲的吵架争论,喜怒哀乐的大呼小叫,均属不可。如不遵守此项文告,则来不及洗末次的澡,说是已经拔栓了,虽是后悔去咬手巾,也是无益了。盖世上人心等于澡堂的白虱,在善恶之间容易移动,从权兵卫的布袄移到八兵卫的绸衫,从乡下使女的围裙移到大家妻女的美服上去。昨天一件小衫脱在席子上面,与今天的夹衣脱在衣架上相等,富贵贫贱在天,善恶邪正乃所自召也。善悟此意,则人家的意见正如早晨的澡汤似的,很能沁透自己身子里去吧。一生的用心在于将身体收在包租的衣柜里,灵魂上加了锁,不要把六情闹错,坚守约束,神佛儒行会的司事盖上牡丹饼大的印章云尔。

维时文化六年己巳便于初春发兑,于戊辰重九动笔,照例赶写,至后中秋吃芋头,乃成此屁似的小册。

在石町的寓居,

式亭三马戏题。

(pp. XIV-XV)

三編 巻之上

としのころ十か十一ばかりの小娘こましやくれたなりにて二人きものをながらはなすをきけば お丸「おかくさん。比あひだはお稽古けいこがおやすみでよいねへ お角「アヽ、おまえもかへ。わたしもね、お稽古けいこのおやすみなによりも/\う/\/\/\/\いちイばんよいよ。それだからお正月のるのがおたのしみだよ 「アヽネヱ。お正月もまつれると景気けいきだねへ。もつと、いつウまでもまつをとらずにおけばよいのに、何所どこうちでもぢきさまおとりだねへ。いやだつちやアないよ 「アヽおまへはね、お正月がよいかネ。あのウ、おひなさまがよいかヱ 「どつちもよいよ 「マアどつちか一ツおひな 「マアおまへおひな 「わたしも両方りやうほうよいよ 「それお見 「そんならね、おまるさん/\まり羽根はねではどつちがよいヱ まり羽根はねでかへ 「アヽ 「どつちもよいがね、羽根はねはお天気てんきわりいとつかれねへからまりほうがよからうか 「イヽエお天気てんきわるくてもね、わたしはおくらまへでつくからよいよ。おくらまへはね、たかアく家根やねこせへてあるから 「わたしのとこにはくらはないものを トいひながらふところから手まりをとり出し これ御覧ごらん。お屋敷やしきのね、伯母をばさんのとこからね、お年玉としだまにおくれだよ  「よくかゞつたねへこれは板毬いたまりかヱ 「いゝへたゝみうへで、よヲくはづむよ 「おまへの伯母をばさんはいゝ伯母さんだね。そしておまへのおツかさんもがよいからよいがね、わたしのおツかさんはきついからむせうとお𠮟しかりだよ。まアおきゝな。あさむつくりおきると手習てなれへのおさんへいつておしてて、それから三味しゃみせんのおさんのとこあさ稽古げいこにまゐつてね、内へかへつて朝飯あさまんまをたべてをどりの稽古からお手習へまはつて、おツにさがつてからいつまゐると、すぐにおこと御師匠おつしやうさんへいつて、それからかへつて三味しやむせんをどりのおさらひさ ト比内いきをきらずにスウ/\といひながらつゞけてはなすこれすなはち小娘のことばくせなり そのうちに、ちイツとばかりあすんでね、くれるとまたことのおさらひさ。それだからさつぱりあすひまがないから、いやで/\ならないはな。わたしのおとつさ゚んは、いつそ可愛かはいがつてがよいからネ、おつかさんがさらヘ/\とおひだと、なんのそんなにやかましくいふ事はない。あれが気儘きまゝにしておいても、どうやらかうやらおぼえるから打遣うつちやつくがいゝ。奉公ほうかうため稽古けいこだから、ちつばかしおぼえればいゝとおひだけれどネ、おつかさんはきついからね、なに稽古けいこするくらゐならしみおぼえねへぢやアやくたちません。をんなわたしのうけとりだから、おまへさんおかまひなさいますな。あれが大きくなつたときとうかい後悔とやらをいたします。おまへさんがそんな事をおつしやるから、あれが、わたしを馬鹿ばかにして、いふ事をきゝません。なんのかのとおひだよ。そしてね、おつかさんはちいさときからむしつ無筆とやらでね、はさつぱりおしりでないはな。あのネ、やまだの、うみだのとあるところの、とをヲくほうでおうまれだから、お三絃しやむせん何角なにかもおしりでないのさ。それだから、せめてあれには、げい仕込しこまねへぢやアなりませんと、おツかさん一人ひとりでじや/\ばつておいでだよ。アヽ、ほんとうに 「ほんにかへ。わつちのおツかさんはなんでもしつておいでだから、ちつとでも三絃しやみせん弾様ひきやうちがふとぢきにお𠮟しかりだよ。わたしのおツかさんはなゝつとしに、をどりでお屋敷やしきへおあがりだと。それだからね、地赤ぢあかだの地白ぢしろだの地黒ぢくろだのむらさき縮緬ちりめんすそ模様もやうだの、そう模様もやうだの大振袖ふりそでだの、おびくろ天鵞絨びらうどのや、厚板あついたのや、何角なアにかを、お長持ながもちいれて、たアんともつておさがりだけれど、わたしのおとつさ゚んがどうらくだからネ、みんななくしだとさ。アヽ、おばあさんがわたしにおはなしだよ。それでね、お婆さんはおとツさ゚んの事をどら殿どのばつかしひでね、いつそおにくがりだよ。わたしはそれだから稽古けいこはなんでもするはずだが、おばあさんのおひには、おまる病身びやうしんだから手習てなれへ三絃しやみせんばかしほかの事はさせねへがいゝ其代そんでへをんな縫物しごとをよくおぼえさせるがかんじんだと此間こないだはネ、継物つぎものをいたすよ。おまえもおか 「いゝへ 「わたしは此間こないだもネ、人形にんぎよべゝふたぬひました。アイ。アレ/\おかくさん/\ トみゝへ口をよせて中にながしてゐる女を横目よこめで見ながら小声にさゝやく アレ。あのをばさんを一寸ちよつとが三人有ながら浅黄あさぎ縮緬ちりめんきれをかけてさ 「ヲヤほんにねへ。わかつくりだね。あのアレ、ぐるりおとし結居いつてるおかみさんのつむり御覧ごらんか 「イヽエ 黒油くろあぶらではげつてうをかくしてさ 「アレちいさなこへをお。きこえてはわるいよおまへ 「サアまゐらう。ヲヤ、おまへのたもとからなんだかおちました 「ホイ ひろつて ヲヤ/\まげいはひのきれだ 一粒ひとつぶ鹿子がのこかヱ 「アヽ あさもよいねへ 「あれははん四郎しろ鹿子がのこと申すよ 「わたくしはね、おつかさんにねだつてね、あのウ路考ろかうちやをね、不断ふだんにそめてもらひました 「よいねへ。わたくしはネ、いま伊予いよぞめ不断ふだんにいたすよ 「おまえのも太織ふとりかヱ 「アヽこれはネ、田舎いなかからかけのかたにとつたからやすいとさ。アヽおとつさ゚んがいつかぢういひだ トくゞりを明ケながら 「おかくさんのつちにおいでな。うたがるたをとつあすびませう 「あヽまゐらう ト出てゆく (pp. 161-164)*1

*1:周作人による中国語訳は二編までしかないようだ。